関東百貨店小売業厚生年金基金 最終更新日:
公的年金制度とは 基金掛金 年金給付のしくみ 年金額の目安 福祉事業

福祉事業

■ 福祉事業の紹介

当基金では、加入員及び年金受給者の皆様の福祉の向上をはかるため、以下のような福祉事業を行っております。

1
 慶弔金等の支給
[1] 成人祝金
 

加入員期間1ヵ月以上で、かつ当該年度に満20歳に達し、成人の日において加入員(成人の日以降の資格取得を含む)である者に支給されます。

支給金額・・・10,000円

ご利用を希望される場合、こちらの成人祝金支給請求書をご利用ください。

[2]

結婚祝金
 

結婚祝金は、加入員期間が1ヵ月以上の加入員または加入員であった者(資格喪失後3ヶ月以内)が婚姻したとき支給されます。

支給金額・・・10,000円

ご利用を希望される場合、こちらの結婚祝金支給請求書をご利用ください。

[3]

入学祝金
 

加入員期間1カ月以上の加入員に扶養されている子が小学校に入学する時に、入学祝金を支給する。

支給金額・・・10,000円

ご利用を希望される場合、こちらの入学祝金支給請求書をご利用ください。

[4]

死亡弔慰金
 

死亡弔慰金は、加入員及び退職年金受給者が死亡したとき、その者の遺族に支給されます。

死亡した加入員及び退職年金受給者であった者の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様な事情にある者を含む)・子・父母・孫・祖父母又は兄弟姉妹とし、順位はこの順位とします。

  • [ 加入員 ]
  • ① 加入員期間1年未満の方・・・10,000円
  • ② 加入員期間1年以上の方・・・30,000円
  • [ 年金受給者 ]
  • 年金受給者の方・・・10,000円

ご利用を希望される場合、こちらの死亡弔慰金支給請求書をご利用ください。

[5]

遺児育英資金
 

1ヵ月以上の加入員期間のある加入員の死亡のとき、その加入員によって生計を維持されていた子を対象として、その配偶者(保護者)に最長3年間を限度として支給されます。

  • ① 遺児が未就学児にあっては1人につき月額5,000円
  • ② 遺児が小学校に在学する者にあっては1人につき月額6,000円
  • ③ 遺児が中学校に在学する者にあっては1人につき月額7,000円
  • ④ 遺児が高等学校に在学する者にあっては1人につき月額8,000円
ご利用を希望される場合、こちらの遺児育英資金支給請求書をご利用ください。

[6]

災害見舞金
 

災害見舞金は、加入員期間1ヵ月以上でかつ災害の日に現に加入員である者に支給されます。見舞金の額は、加入員期間と災害の程度により異なります。

  • (加入員期間1年以上の方)
  • 全壊(全焼)の時・・・30,000円
  • 半壊(半焼)の時・・・20,000円
  • なお:加入員期間1ヵ月以上1年未満の方の場合・・・10,000円
ご利用を希望される場合、こちらの災害見舞金支給請求書をご利用ください。
2
 保養施設宿泊の利用補助

[1]

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行の契約保養施設及び大塚商会ホテルグループの宿泊施設
 
利用者の対象
  加入員・年金受給者及びその家族
利用補助額(年度間2回(泊)を限度とします。)
  年金受給者、加入員及び加入員の被扶養配偶者・・・1人1回(泊)2,000円
契約保養所利用申込書は基金事務局へご請求ください。

大塚商会ホテルグループの宿泊施設の詳細については、各施設のHPをご覧ください。
大塚商会ホテルグループ

[2] 公的施設(企業年金連合会施設[らんざん]等)
 
利用者の対象
  加入員・年金受給者及びその家族
利用補助額
(関東百貨健保組合の直営保養施設の利用補助を含め、年度間4回(泊)を限度とします。)
  ① 加入員・年金受給者・・・1人1回(泊)2,000円
② その家族・・・・・・・・・・・・1人1回(泊)1,000円

保養施設一覧表

  ご利用を希望される場合、以下に示す保養施設利用申請書をご利用ください。

公的保養施設宿泊利用補助申請書

[3] 関東百貨店健康保険組合(当基金設立母体)直営保養施設
 
年金受給者および関東百貨店健康保険組合未加入事業所に勤務する基金の加入員ならびにその加入員の被扶養配偶者が、直営保養施設に宿泊したとき、利用料の一部を補助します。
利用補助額
(公的保養施設の利用補助を含め、年度間4回(泊)を限度とします。)
  ① 直営熱海保養施設(とよさか)・・・・・・1人1回(泊)1,000円
② 直営鬼怒川保養施設(きぬがわ)・・・1人1回(泊)1,500円
 

ご利用を希望される場合、以下に示す保護施設利用申請書をご利用ください。
健康保険組合直営保養施設利用(補助)申請書

3
 レンタカー割引あっせん

当基金では、ニッポンレンタカーサービス(株)とレンタカー割引利用(ワンデイスキップおよびレンタカー特別割引クーポン=ワンデイクーポン)の利用契約をしています。

このレンタカー割引利用は、全国のニッポンレンタカー各営業所(除、利尻島、礼文島、伊豆大島)で利用できます。

[ご利用方法等]

利用できる方は、当基金の加入員に限ります。

●利用手順

@ワンデイスキップ: 専用ページにアクセス後、レンタカー予約ができます。
アドレス:https://www.nipponrentacar.co.jp/ods/
※IDとパスワードはこちらから(会員)
(初回のみ情報登録が必要です。)
●お支払い方法
代金のお支払いはクレジット決済のみです。
利用当日は、直接営業所へ運転免許証をご持参ください。
Aワンデイクーポン: ご利用方法はA−1インターネット利用とA−2電話・FAX利用と2通りあります。
レンタカー利用日の5日前までに下記手順でお申し込みください。
(利用日が5日以内の場合はTEL:03−3468−7131までお問い合わせください。)
A−1インターネット利用
レンタカーの予約・クーポンの注文ができます。
アドレス:https://www.nipponrentacar.co.jp/odc/
※IDとパスワードはこちらから(会員)
A−2電話・FAX利用
レンタカーを電話予約し、ワンデイクーポン注文書に必要事項を記入のうえ、FAXでクーポンを注文できます。
※ワンデイクーポン注文書は基金にご依頼ください。
予約センター:0800−300−0919(フリーコール)
その際には「ワンデイクーポン利用」もお申し添えください。
FAX:03−3468−7146
●お支払・クーポンの受取り方法
代金の支払いは、着払い(代金引換郵便)とクレジット決済から選択できます。
クーポン券は書留にて送付されます。
利用当日、直接営業所へ運転免許証とクーポンを持参ください。
4
 その他の福祉施設事業
 基金の加入員のみなさまに<結婚式場> <葬祭業者>の割引あっせんを実施しております。

■ 企業年金連合会の福祉事業の紹介

【年金のしくみ】「福祉事業」トップに戻る